フォト
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リスト

無料ブログはココログ

« 札幌spiritual lounge | トップページ | 近日のライブセットリスト »

2014年5月20日 (火曜日)

苫小牧&東室蘭&回想

北海道、弾き語りツアーが終わりました。
本当、数重ねてこそ意味があると思うのでまた行きたいです。


5.17土 苫小牧ELLCUBE
セットリスト


2階
深夜徘徊
赤とんぼ

プールに行こう
静寂と壁と闇
翌朝
スケッチ

↑なんかこんな感じだったかな??


5.18日 東室蘭Live cafe Soliste
セットリスト


インザフライ
深夜徘徊
赤とんぼ
プールに行こう
静寂と壁と闇
翌朝
スケッチ
four

↑たぶんこんな感じだったはず!

ここ最近はずっと、セットリスト決めないでやってたのですが、それはそれで内容が似てくるものみたいです。この曲やったら、次はコレっていうのが自分のリズムとして出来てくるんだね。

緊張したときの、指にかく汗どうにかなんないかな笑
ペタペタして弾きにくい、、、。

デモ音源を8曲入りで作って売っていたおかげで、食事には苦労しませんでした。ちゃんと打ち上げも全て出れましたし。美味しいものも頂きました。

苫小牧から東室蘭へ向かうのには、JR室蘭本線という電車に乗ります。本数も少ないのですが、これがとても感傷的です。








苫小牧には製紙工場が、東室蘭の近くも加工食品工場やコンクリート工場があったかな。スクラップした車の姿も珍しくなかった。

苫小牧は他の駅に比べても、特に過疎化してる印象だったかな、、。バンドでも1度ライブしたり、フェリーに乗るのに何度も通過はしてるんですが街並みは貧相です。ただ、その反面、苫小牧ELLCUBEはSMASHなんかのイベンターが入ってきたり、ブッキングの中野さんが滑らかに僕らに対応してくれてるのを見ると、これからも続いていくところなんだなぁと思いました。ライブもフロアでやる様に、照明もいじったりしてて、気合いを感じました。札幌からわざわざバンドがライブをしにくるには、それなりに訳がある訳です。




↑苫小牧ELLCUBEのステージ


東室蘭は、室蘭工業大学の学生たちが主にイベントを組んでくれました。僕は大学にいた時もサークルに入ったりしていなかったので、その内輪がどんなものかあまり分からないんですが、すげー楽しかったです。(また来た時にみんなが卒業していなくなってたら寂しいわ。)

例えば、都内でそういうイベントに加わることは皆無ですが、僕もなっちゃんも気持ちよくそこに参加することが出来ました。彼らの音楽に対する気持ちや、育ってきた環境が「素直」なんです。シャイな人も多いんですが、なんか楽しいんです。ぽっとすごいバンドとか出て来たりしそうです。
(彼らはPAなんかも自分らでやってました。)

唯一、不満だったのは店の前のラーメン屋が不味かったこと、、!!北海道だからと思って安心してました!!

つぎは、噂のつるつる屋のカレーラーメンを食べたいです。




あと、毎日ランニングしてました。
心を開放させていくことを続けていきたい。

叫ぶ、弾き語り〜これからもやります。


« 札幌spiritual lounge | トップページ | 近日のライブセットリスト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 札幌spiritual lounge | トップページ | 近日のライブセットリスト »